Q1:ステップの授業はどのようなスタイルですか
コミュニケーションを重視した生徒参加型の授業を目指しています。生徒の目線を大切にしながら、生徒一人ひとりとしっかりコミュニケーションをとっていこうという授業のスタイルです。授業は、「板書はきれいに」「声は大きく」などの基本を踏まえながら、自分の個性を生かしたスタイルでありたいと願っています。教材についても、教材研究部が作成しているステップオリジナルテキストと並行して、各教師がオリジナルプリントの作成も行っています。1クラスの定員は小学生が16名、中学生が20名。クラスは学力別に分かれます。生徒一人ひとりをしっかりバックアップしていくためのシステムです。
Q2:アルバイトの講師の方はいますか
ステップの教師のほとんどが正社員です。中学部では正社員教師の他に、フェロー社員(専任講師)の方がいます。 もともとステップの正社員教師であった方で、結婚や家庭の事情等により短時間の勤務に移行した方が専任講師として活躍しています。 個別指導部門については、ST(スチューデントティーチャー)と呼んでいるステップOB・OGの大学生、大学院生が協力してくれています。
Q3:事業を多角化していく予定はありますか
私たちは「教える仕事、子どもたちを支える仕事が好き」というメンバーが集まった会社です。 好きな仕事に思う存分取り組みたい。それができるのがステップの最大の個性です。 ですからビジネス的な意味での多角化ということはほとんど考えにくいと思います。 それよりも「さらに一歩でもよい授業を」「授業の楽しさと合格率の高さの両立を」「教師としての自分の成長を」といったことを深めていくことで、一人ひとりが実力を磨き、それとともにステップを会社としても成長させていきたいと考えています。少子化が心配されていますが、多角化よりもむしろ、少子化が進み地域の生徒の数が7、8割になっても揺るがない競争力をもつ最高の学習塾を目指しています。
Q4:教師職に教員免許は必要ですか
ステップの教師職採用では教員免許の有無は見ていません。その方個人の能力やキャラクター、適性を重視しています。おそらくですが、ステップで働いている教師の中で、教員免許をもっている人の割合は半数くらいではないでしょうか。
Q5:中学部と高校部の違いはありますか。
中学部と高校部はそれぞれ独自に運営されています。教師は、中学部は所属スクールで小5~中3を担当し、高校部はいくつかの担当校舎を曜日によって移動し、高1~高3を担当します。言うまでもありませんが、中学部と高校部はそれぞれ専門化しています。ただし、部門は違っても、どちらもステップの文化を共有し、生徒とのコミュニケーションを重視した授業を目指しています。
Q6:運転免許は必要ですか
必要ということはありません。現在、高校受験・大学受験ステップのスクールは137ありますが、そのほとんどが駅から近い場所にあります。一部、車両通勤の方が便利な校舎もありますが、その場合は事情を十分考慮した上で配属スクールを決めますのでご安心下さい。
Q7:女性社員は活躍していますか
「男性だから」「女性だから」ということではなく、「一人ひとり専門職として活躍できる人材が集まって欲しい」というのが基本です。実際に、女性スタッフの中にもスクールの責任者をはじめ、サブ責任者としてスクール運営に携わっている教師、また新人研修の担当や、各教科責任者として活躍している女性教師がいます。加えて教材研究部門は女性スタッフが中心ですし、本部では女性スタッフがいくつかの部署の責任者や主任を務めています。結婚や出産後の仕事については、各個人の考え方や、環境にもよりますので、どのような形態で仕事を続けるかは様々です。もちろんフルタイムで仕事を続けているスタッフもいますし、短時間勤務に変更したスタッフもいます。
Q8:社員同士の交流はありますか
スクールの先輩・後輩をはじめ、研修担当の先輩、同期入社の仲間は非常に貴重な存在です。また社員寮に入っている教師は、寮を通じてのコミュニケーションもあります。社員の個性はそれぞれですが、基本的に「授業が好き」「もっと腕を磨きたい」という気持ちが共通点となり、自然と交流が深まっているのだと思います。
※新卒採用、キャリア採用についてのご質問はそれぞれのページに掲載しています。併せてお読み下さい。
 ■新卒採用に関するご質問■   ■キャリア採用に関するご質問■